ビューティーオープナーの店舗で半額以下でサンプル付きの販売店を公開!

【最新情報】

 

ビューティーオープナーの注文多数のため、キャンペーン終了間近!

 

定期しばりなし&サンプルセットつきは公式サイトだけ!

 

>>すぐに初回65%OFFでお試しできる公式サイトを見る

 

 

ビューティーオープナーは、国内売上No.1の卵殻膜美容液です。

 

そんなビューティーオープナーを手頃な価格で手に入れられたら嬉しいですよね。

 

そこで販売店であるオージオに電話してみたら、ビューティーオープナーは店舗での販売は行っておらず、通販の公式サイトが最安値ということがわかりました。

 

ビューティーオープナーは薬局やドラッグストアの店舗で購入できる?

 

オージオに直接電話する前に、薬局やドラッグストアの店舗、またはドンキなどでビューティーオープナーが販売されているかどうか調べてきました。

 

ツルハドラッグやマツキヨ、スギ薬局、サンドラッグ、カワチ薬局、ココカラファイン、ウェルシア薬局など、さまざまな店舗を廻ってみましたが、ビューティーオープナーは見つかりませんでした。

 

さらにドンキやプラザ、ロフト、東急ハンズ、最後には大手のデパートにも行ってみましたが、結局取り扱っている店舗を見つけることはできませんでした。

 

オージオ化粧品の直営店舗は?

 

オージオ化粧品に電話する前に、ウィキペディアでビューティーオープナーの実店舗について調べてみました。

 

ウィキペディアに掲載されていたオージオ化粧品の沿革によると、平成10年に化粧品関連の通販の事業を開始し、平成12年には化粧品の企画や開発、通信販売を目的として株式会社オージオが埼玉県上尾市に設立されています。

 

さらに平成20年にはオージオ東京都中央区銀座にOZIO GINZA(オージオ銀座)が開設されたようです。 

 

でもオージオ化粧品に電話確認したところ、OZIO GINZA(オージオ銀座)は事務所のみとなっており、商品の販売などは行っていないということでした。

 

現在はビューティーオープナーも、電話とネットでの販売のみとなっているようです。

 

ビューティーオープナーを購入するには電話とネットのどっちがお得?

 

電話注文した場合、単品購入であれば税別で5,800円、月に1本の定期コースだと1本につき4,466円となっています。

 

でもネット通販であれば、ビューティーオープナージェル&ローション&クリームのお試しサンプルがついて初回1,980円から始めることができるんです。

 

そのため、公式サイトのネット通販の方が断然お得と言えます。

 

公式サイトで購入する際のメリットは?

 

ここでは、ビューティーオープナーを公式サイトで購入した際のメリットについて見ていきたいと思います。

 

@オージオの会員ランクが上がると割引になる

 

オージオ化粧品の定期便を続けていくほど割引率がアップしていきます。

 

またお試しサンプル以外にも、ビューティーオープナーシリーズはラインナップも充実していますので、ジェルやローションなどの他の商品を色々試すこともできます。

 

A無料サンプルがもらえる

 

定期便を継続すると、他のオージオ製品の新作の無料サンプルがもらえます。

 

実はこれには、ユーザーさんの感想をしっかり商品開発に反映させたいという思いが込められているそうです。

 

またオージオには美容相談専用のフリーダイヤルもあるので、万が一何か困ったことがあった際にも便利ですよね。

 

ビューティーオープナーは公式サイトのネット注文で。

 

もう一度まとめると、公式サイトで現在展開中のキャンペーンを利用すれば、初回は65%OFFの1,980円で、また2回目からも23%OFFの月々4,466円で始められます。

 

また送料無料でいつでも変更や休止がOK、さらにビューティーオープナージェル&ローション&クリームのお試しサンプルがついてくるので、かなりお得ですよね。

 

興味のある方は、まずは早めに公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

>>初回65%OFFでお試しできる安心の公式サイトはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「毛穴のブツブツ黒ずみをなんとかしたい」と…。

 

生理の前になると、ホルモンバランスの不調によりニキビが現れやすくなると悩む女性も多々見られます。毎月の月経が始まる時期になったら、睡眠時間をしっかり取ることが重要になります。
ティーンエイジャーの頃はニキビが一番の悩みどころですが、年齢を積み重ねるとシミやほうれい線などに悩む場合が多くなります。美肌になることはたやすく見えて、実を言うと大変根気強さが必要なことだと言えるのです。
「毛穴のブツブツ黒ずみをなんとかしたい」と、オロナインを用いた鼻パックでお手入れする人が少なくありませんが、これは非常にハイリスクな行為です。場合によっては毛穴が開いたまま元に戻らなくなるおそれがあるからです。
肌の状態が悪く、かすみがかっている感じに見られるのは、毛穴が開ききっていたり黒ずみが多いことが一番の原因です。適切なお手入れで毛穴をきゅっと引き締め、透明度の高い肌を実現しましょう。
「肌の保湿にはいつも気を遣っているのに、なぜか乾燥肌が回復しない」という方は、スキンケア専門のアイテムが自分の肌質になじまないものを使用しているおそれがあります。肌タイプに合致するものを使うようにしましょう。
汚れを洗浄する洗顔はスキンケアの中で最も大事なものですが、正しい洗顔方法を理解していない人も結構多いようです。自分の肌質に合致する洗顔の手順を覚えましょう。
ひとたび生じてしまった顔のしわを除去するのはたやすいことではありません。表情が原因のしわは、日常の癖の積み重ねで生成されるものなので、日常的な仕草を見直すことが必要です。
輝くような白い肌は、女子だったらどなたでも憧れるものです。美白ケア用品と紫外線ケアの二重効果で、目を惹くようなもち肌を手にしましょう。
体質によっては、30歳を超える頃からシミが目立つようになります。薄いシミなら化粧で覆い隠すという手段もありますが、真の美肌を手に入れたいなら、10代〜20代の頃よりお手入れすることをオススメします。
「今までは特に気になることがなかったのに、やにわにニキビが出てくるようになった」というのであれば、ホルモンバランスの悪化や生活スタイルの乱れが元凶と言って差し支えないでしょう。
肌荒れを防止するには、一年365日紫外線対策が欠かせません。ニキビやシミといった肌トラブルのことを思えば、紫外線は百害あって一利なしだからです。
「ニキビができたから」と毛穴の皮脂汚れを除去しようとして、一日の内に何度も洗顔するというのはあまりよくありません。度を超して洗顔しすぎると、期待とは裏腹に皮脂の分泌量が増えてしまうからです。
年齢の積み重ねと共に肌質も変わっていくので、ずっと利用していたコスメが合わなくなるケースが多々あります。とりわけ年を取ると肌の弾力がなくなり、乾燥肌に悩む方が目立ちます。
紫外線が肌に当たるとメラニンが生まれ、そのメラニンが溜まった結果シミが浮き出てきます。美白用のスキンケア製品を用いて、早々に適切なケアを行った方がよいでしょう。
肌が脆弱な人は、少々の刺激がトラブルに発展します。敏感肌用の低刺激な日焼け止めで、あなた自身の肌を紫外線から防護するようにしましょう。

 

 

アトピーの例のように容易く改善しない敏感肌の人は…。

 

「皮膚が乾燥してこわばりを感じる」、「手間ひまかけてメイクしたのにたちどころに崩れてしまう」などがネックの乾燥肌の女の人は、現在使っているスキンケア製品と平時の洗顔方法の根源的な見直しが求められます。
一度できてしまった口元のしわを消去するのは簡単にできることではありません。表情の影響を受けたしわは、日常の癖の積み重ねで出てくるものなので、普段の仕草を見直さなければいけません。
年齢を重ねると増えてくる乾燥肌は一種の体質なので、しっかり保湿しても瞬間的にしのげるだけで、抜本的な解決にはならないのが悩みどころです。体内から体質を改善していくことが必要となってきます。
敏感肌の方に関しては、乾燥すると肌のバリア機能が異常を来してしまい、外からの刺激に異常なくらい反応してしまう状態です。負担の少ない基礎化粧品を活用して常に保湿する必要があります。
肌というのは角質層の一番外側にある部分です。だけど体の内側から徐々にきれいにしていくことが、手間ひまかかっても効果的に美肌になれる方法だと言えます。
合成界面活性剤だけではなく、防腐剤であるとか香料などの添加物が配合されているボディソープは、お肌を傷めてしまう故、敏感肌だという人には良くありません。
アトピーの例のように容易く改善しない敏感肌の人は、腸内環境が悪い状態にあるケースが少なくありません。乳酸菌を自主的に補充して、腸内環境の良化に勤しんでもらいたいです。
毛穴のポツポツをどうにかしようと、ひんぱんに毛穴パックをしたりピーリングをしたりすると、肌の表層がはぎ取られてダメージが蓄積してしまうため、かえって逆効果になってしまうおそれがあります。
自分の肌になじむ化粧水やミルクを利用して、きちんとケアをすれば、肌は先ずもって裏切ったりしません。であるからこそ、スキンケアは手抜きをしないことが重要なポイントとなります。
ほとんどの日本人は欧米人とは対照的に、会話中に表情筋を使うことが少ないと指摘されています。そのため顔面筋の劣化が進みやすく、しわが生み出される原因になるのです。
シミをこれ以上作りたくないなら、何よりもUVカットをしっかり実施することが大切です。UVカット用品は常日頃から使用し、併せてサングラスや日傘を携行して普段から紫外線を抑制しましょう。
ニキビや腫れなど、たいていの肌トラブルは生活スタイルを見直すことで完治しますが、余程肌荒れが進行しているといった人は、クリニックで診て貰うことをお勧めします。
肌荒れは回避したいというなら、一年を通して紫外線対策をする必要があります。シミ、かさつき、ニキビといった肌トラブルからしますと、紫外線は大敵だからです。
「春季や夏季はそうでもないのに、秋冬になると乾燥肌が進行する」人は、季節が移り変わる際に常用するスキンケア製品を変更して対策をしなければならないと言えます。
「10〜20代の頃は手を掛けなくても、常に肌がモチモチしていた」といった方でも、年齢が進むと肌の保水機能が弱くなってしまい、挙げ句に乾燥肌になってしまうおそれがあります。